等身大

23歳な毎日のちょっとした記録

何不自由ない、東京で生まれ育ったわたし

"ライター なり方" 検索でHITする助言 第一位

「ライターになりたいなら毎日記事を書け」

 

これを見るたびに「よし、今度こそは毎日ブログ書くぞ!」と決意するのだけど、

1日たりとも続いたことがないから、

もしかすると本当はライターにはなりたくないのかもしれない

 

でもなんだか、自分の表現をしている人に憧れて

わたしは歌も下手だし、

絵も下手だし、

なにか作るための材料集めもめんどくさがりだから、

毎回毎回、一番手軽な文章を書くことを選ぶ

 

「趣味が欲しい」

「自分の表現がしたい」

「フリーで仕事がしたい」

 

なんて心の中で思っているだけで、

本当に自分がなにをやりたいのかがわからない

 

---------------------------------------------------

「東京はやりたいことが見つからない人が集まってきているのかな…」

地方から出てきたばかりの、友人の言葉

 

 

でも、本当にやりたいことがある人なんてきっと一握り。

それを声に出せる人がもっと一握り。

それを行動にできる人はもっともっと一握り。

 

きっと自分がやりたいことをやることは彼氏をつくるより、結婚するより難しい

 

でもきっと、

自分のやりたいことを見つけたい、と真に望んでいる人もあまりいなくて、

普通に楽しく暮らせればそれでいい、と思っている人もたくさんいる。

そういう人の方が多いのかもしれない

 

そうでもないのかな?

やっぱり他人のことなんてわからないや

 

少なくともその友人は、

なにかを求めて東京に出てきたはずなのに自分がなにをやりたいのかわからない、と真剣に悩んで、苦しんで、

おわりの見えない壁にぶつかっている。

 

きっと今ものすごく苦しいだろうけど、でも、そんな姿が素敵だな、って思う。

東京で生まれ育った私にはそのがむしゃらさがない

 

 

本当に私がやりたいことってなんだろう?

そして、そのためになにをしよう?